2017・5 スケッチ旅行

一昨年の秋以来、当教室2度目のスケッチ旅行を5月14、15の日程で行いました。参加人数は14名。場所は前回と同じ長野県南佐久郡小海町~南相木村周辺。
交通手段は車班と電車班に分かれ、集合場所はJR小海線の「小海駅」。車班は朝7:30頃に教室を出発し、中央道→R141号と走って10:20頃に小海駅到着。電車班は立川発8:22の特急に乗り、中央線→小海線と乗り継いで11:07に小海駅到着。現地参加組の生徒さんとも合流し、松原湖周辺の下見をしてから小海町高原美術館のレストランでランチタイム。昼食後に松原湖へ戻って1枚目のスケッチ。松原湖の水面に映る雄大な八ヶ岳は絶好のモチーフ。風薫る5月の爽やかな気候の中で生徒の皆さん気持ち良く制作に励みました。制作後、近くのスーパーで食材を調達し、宿泊施設がある立岩高原ビレッジへ向かう途中で温泉に浸かる。夕食はビレッジでBBQ。現地参加の生徒さんのお世話で地元で採れた山菜の天ぷらや川魚もいただく。旬の味覚を存分に堪能。

翌日は朝食を済ませてからビレッジ周辺で2枚目のスケッチ。枝垂桜と新緑のコントラストが美しく、カラマツや白樺も描き応え十分。約3時間みっちり制作。昼食は朝食で残ったパンや野菜で作ったサンドウィッチ。これが意外と美味。笑 午後は日本一標高が高いという「南相木ダム」を見学に行ったり、南相木村の温泉施設「滝見の湯」でお土産を買ったりで過ごし、16:00過ぎには車班、電車班とも帰路につき、スケジュール通りの19:00頃には東京へと戻って来ました。

今回も運良く天気に恵まれ、八ヶ岳も温泉も山菜も全て感動のスケッチ旅行でした。(画像は順不同です。)